目がきれいな女性たち
きれいな目元とまつげ

まつげ育毛剤は毎日継続して正しい使い方をすることで、育毛効果を発揮し目力のある目元に近づけます。まつげ育毛剤は洗顔をして清潔にした目元に塗布する使い方が基本で、マスカラやアイシャドウなどのアイメイクが残っていると効果が半減します。まつ毛育毛剤の有効成分自体も、目のきわへ浸透しにくくなるためしっかりと洗顔を行います。まつ毛をこすったり引っ張ったりすることなく、優しくクレンジングを行ってから使用する事がポイントです。使い方の中で一番大切なことは、一度でたくさんつけようとせず薄めに少しずつつけていくことになります。

多めにつけてしまえばそれだけ効果もたくさん出るように思われがちですが、実際には一度に浸透する事ができる量は決まっています。したがって多く塗ってしまった成分は無駄になりますし、目の中に入ってしまうというリスクも出てきます。それでもたくさんつけたいという場合は、少量を取り少しずつ塗らなく塗る使い方ができ何度も重ね付けする事が可能です。まつ毛育毛剤はまつ毛に塗ってもあまり効果がなく、生え際に塗る事が正しい使い方になっています。毛につける場合は艶やハリが出る可能性がありますが、毛が伸びてくるという効果が期待できないのが現状です。

育毛剤は生え際の皮膚や毛根を保湿しながら、栄養を届けやすい状態にして毛の成長を促していきます。この部分にある毛母細胞を活性化させる効果も期待できますが、場所を見極める必要があり間違えると効果が半減します。また生え際にはムラなく塗る事が大切ですが、毛が生えているので実際には塗りにくい部分があります。継続的に塗れていない場所があると、その毛は短いままだったり、生え方にもムラが出るため見た目にもわかりやすくなります。毎日行う事なので塗り始めの目がいつも決まっているくせによって、つけ方にも差が出てくる事があります。

まつげ育毛剤には様々な種類がありますが、製品によって塗布する部分の形状が異なっています。チップになっているものやマスカラタイプ、筆タイプなどがあるため自分の目元につけやすいものを選びます。一般的につけやすいものはチップタイプや筆タイプが多いですが、最近はメイクに慣れている人が多いのでマスカラタイプも簡単に行えます。マスカラブラシタイプはブラシが硬めにできている事が多く、塗布するときにまぶたに刺激を与えるケースもあります。また手で持つ部分も安定して持てる長めのタイプがよく、短いと不安定な状態でつけることになります。