• ホーム
  • まつ毛育毛剤のルミガンはまつ毛を太く・濃く・長くする効果がある

まつ毛育毛剤のルミガンはまつ毛を太く・濃く・長くする効果がある

2020年06月14日
笑顔の女性

まつ毛育毛剤を使用する際に期待することは、まつ毛を太く・濃く・長くすることです。ルミガンにはその効果を全て得る事ができ、まつ毛にハリやコシを与えるのではなく、毛そのものを生やす効果があります。まつ毛にコンプレックスを持っている人は、メイク用品のマスカラで毛を長く濃くするケースもよく見られます。しかしマスカラは人工のものなので、メイクを落とせばたちまち寂しい目元へと逆戻りしていきます。さらに地毛にも大きな負担をかける可能性があるため、まつ毛育毛剤であるルミガンを使用する事ができます。

毛は毛根部分にある、毛母細胞が分裂を繰り返しながら伸びていきますが、まつ毛育毛剤は生え際を保湿する事で栄養が行き渡りやすくなります。まつ毛にとって良い環境を作り上げながら、発毛や育毛促進を図る事ができるため、太く・濃く・長い艶のあるまつ毛を生やす事ができます。また有効成分で毛を保護する事で、抜け毛や切れ毛を防ぐ事ができるため、根本的に育毛をサポートしていきます。ルミガンに入っている、センブリエキスやオタネニンジン根エキスやパンテノールは、まつ毛にハリやコシを生み出します。ヒアルロン酸やコラーゲン・アロエベラやアミノ酸は、毛に対して保湿成分を発揮していきます。

またグリコシル・海藻エキスやブドウ種子エキス、トレハロースも配合されており有効的です。毛を作る毛母細胞の活性化を促したり、頭髪の育毛成分としてもよく知られている成分と同様の効果があるとされています。元々は医薬品として用いられていたルミガンですが、その作用を利用してまつ毛育毛剤になっています。まつ毛育毛剤の効果はすぐに出るわけではなく、毛周期に合わせて2週間くらい継続使用する事で次第に伸び始めます。使えば使うほど効果があり毛が濃く長くなっていくので、奥行きのある魅力的な目元を実現させる事ができます。

眉毛に使う事で効果が出ることもあり、眉毛が部分的に抜けてしまっている人でも、毛母細胞がある場合は使用する価値があります。ルミガンは緑内障の治療薬として眼圧を下げる働きがありますが、その治療で使っていた人のまつ毛が伸びたことが経緯になります。毛の部分につけるのではなく生え際につけることで、有効成分が毛母細胞まで届きまつ毛の成長をしっかりと促す効果があります。これにより長く・太く・濃いまつ毛を作り上げる事ができ、すっぴんでも魅力的な目元を維持する事ができます。